個人輸入代行の老舗 オオサカ堂

subpage01

ネットショップ・ネット通販がますます盛り上り、欲しいものはたいがいこれを利用して手に入れることができるような時代になりました。

経済産業省が年に一度発表している『電子商取引に関する市場調査』の2015年度版によると、市場規模は12.8兆円にも上るという報告が発表されています。

オオサカ堂の評判の情報なら当サイトにお任せ下さい。

国内市場において、依然として成長しつつあるネット通販市場。

しかしながら海外の医薬品については、ネット通販・ネットショップでの販売は禁止されています。


オオサカ堂は海外医薬品を求める消費者のニーズに応えるべく、医薬品等の個人輸入代行サービス事業を行うべく、1997年に創業されました。

マイナビニュースの優良サイトの情報を公開中です。

当時のインターネットはアナログ回線からデジタル回線ISDNに移り変わり始めた時代。


まさに日本ネットの黎明期とも言われるこの時代、オオサカ堂は先見の明を持ってしてネット利用の事業を開始した、いわば日本の個人輸入ネットサービスの古参老舗会社であるといえます。


医薬品という商品の性質上、流通ルートは確かなもので、商品によっては成分鑑定を行い、HP上で公開しています。

海外の医薬品を購入したいが、英語を使うことができない、そんな人でも、気軽に海外医薬品を手に入れることができます。



(輸入品なので取扱説明書・商品説明書は製造国の物のみとなりますが)輸入代行を通さない場合、支払いも「ドル?円での支払いはできない?」と疑問になるところですが、オオサカ堂では各種クレジットカードの使用に対応しています。


より身近に海外の医薬品を手に入れることができる、そんな豊かで便利な世の中になりました。